2011.10.8 後楽園ホール 竹村哲選手、伴智啓選手

      2016/12/12


 

 

NKBバンタム級

伴智啓(ケーアクティブ) × 松永亮(拳心館)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

伴智啓は第2試合にデビュー戦で出場。

立ち上がりは緊張のせいか、動きが固く 相手との間合いがつかめてなかった。

2Rに相手のパンチでダウン。立ちがったがダメージは残っていた。

しかし、そこで吹っ切れたようで徐々にいつもの動きが出始める。

3R は積極的に攻め何度か相手を追い詰め会場を盛り上げたが、

倒すまでには至らずタイムアップ。

判定負けでデビュー戦を勝利で飾れなかった。

 

 

 

 

 

 

NKBウェルター級 タイトルマッチ

竹村哲(ケーアクティブ) × 栄基(MTOONG)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

竹村哲はメインでウェルター級タイトルマッチに出場。

この日は1R から積極的に攻めて行って左右のローを何発か入れ、

いい立ち上がりを見せた。

しかし、2R は中盤あたりにパンチでダウン。ダメージが残りながらも、

このラウンドを凌ぐ。

3Rは竹村がパンチとローで攻めこみ盛り返すが、4R にこの日二度目のダウン。

しかし最終ラウンド中盤以降、竹村が怒涛のラッシュ。

最後は相手をコーナーに釘付けにし、パンチのラッシュ。相手をほぼ無抵抗な状態まで追い詰めるが、無情にも終了のゴング。

結果は二度のダウンが響き判定負けだが、気持ちが全面に出て、

何度か見せ場も作り会場を大いに盛り上げ、感動を与えた素晴らしい試合だった。

 

 

 

 

試合後...

一部の応援団で... 

 

 

 

 

 

 

 


 - ニュース, プロの試合, 写真, 試合の写真