S氏と松尾氏の対談。テーマ、強くなりたい

   

20150718-134425.jpg

S氏
キックボクシング歴10数年。
柔道、総合格闘技にも精通している格闘技マニア。強い相手と戦うことが何より大好きな46歳。

松尾氏
キックボクシング歴4年。
サラリーマンをしながら週2回ジムに通っている。強くなりたいが試合はしたくない。痛い思いはしたくない29歳。

松尾
どうしたら強くなれますか?

S
会長やトレーナーのアドバイスを素直に受け入れて練習することが大切。
まずは格闘技の基礎になる基本を身に付ける。その後に自分の個性を磨いていく。

松尾
自分の思うようにやってみたいのですが…自己流だと強くならないのですか?

S
自己流で強くならないことはないけど遠回りすることになるかも。
キックボクシングの先人たちが作り上げた基礎には意味がある。蹴りの形を例にすると基本の蹴り方は体重が乗せやすく重さが出る。相手からすると基本の蹴りはモーションが見えづらくガードしにくい。
基本を覚えることは強くなる近道なんです。

松尾
分かりました。
まずは基本をしっかりと身に付けたいと思います。
ちなみにどれくらい練習すれば強くなりますか?

S
個人差があるのでなんとも言いづらいのですが…
目安として週2回以上練習すればどんどん強くなっていきます。
欲を言えば週4回練習して、練習メニューにマススパーリングを取り入れれば1年で選手レベル、2〜3年でプロレベルまで強くなると思います。

松尾
仕事が忙しくて2週間に1〜2回のペースのときもあったのですが強くなっている気でいました。

S
格闘技未経験者ならジムに来れば何か学ぶことがあるので練習量が少なくても毎回強さはアップします。
選手を目指さないのであればマイペースで楽しく続けることが一番だと思います。

 - ニュース