NKBフェザー級 再戦 藤田洋道(ケーアクティブ) VS 岩田行央(大塚道場)

   


 

 

 

 

 

NKBフェザー級 3回戦

△ 藤田洋道(ケーアクティブ) VS △ 岩田行央(大塚道場)

3R 判定 ドロー (1-0)

 

藤田選手と岩田選手は今年4月にも試合をしており、再戦でした。

岩田選手は7戦7敗で挑んだ藤田戦、1R KOで初の1勝をあげました。

つまり藤田にとってはリベンジマッチです。

絶対に負けられない戦いが始まりました…

 

 

1R

立ち上がりから岩田選手がどんどん前に出てきてフックを振り回す。

これに藤田はカウンターのパンチを合わせ、ダウンを取ったかと思われたが…これはスリップのジャッジ。

その後、とにかくフックを振り回す岩田選手のパンチが藤田のアゴをとらえ、まさかのダウン…

そして藤田が立ち上がるもフラフラで再度パンチをもらい2度目のダウン…

このダウンも藤田立ち上がるが十分ダメージが残っており、ますますフラフラ…

前回の試合をそのまま見ているような展開になってきた。

その後、1R終了までなんとか持ちこたえた藤田。

 

 

2R

このラウンドから藤田の猛攻が始まる。

ダメージから回復し、落ち着きも取り戻した藤田のパンチ、蹴りがバンバン当たりだす。

相手のパンチももらっているが構わず前に出てパンチ、キックの猛攻。

お互い気持ちの勝負で殴り合いが続く。だんだん藤田の方が押していく展開になり、

ついにローキックでダウンを取る。

さらにダウンを取ってKO勝利につなげたかったが岩田選手もここは踏ん張り、2R終了。

 

3R

引き続き藤田の猛攻が続く。

お互い殴り合う展開となったが、藤田が前に出て、相手が下がる展開。

3分間、前に出続け、パンチ、キックともヒットさせ続けたが岩田選手を倒すことができず試合終了。

 

藤田が2回ダウンし、相手は1回のダウン。

2R、、3Rに相手を圧倒した藤田だったが判定 1-0でドローとなった。

 

見ていて本当におもしろい試合でまたいつか2人の試合を見たいと思う内容でした。

 

 

 


 - ニュース, プロの試合, 試合の写真